WAKE UP! TIME to LIVE!!

bunker.exblog.jp ブログトップ

一流


格好だけ、

世間にうまく売り込んだだけの

一流を相手にしても意味はない。


たとえマスコミに知られない無名の人でも、

自分をつらぬいて生きている人がいたら、

そういう人をみつけてつきあうことだ。



ー 岡本太郎 ー    「強く生きる言葉」より
[PR]
# by bunkers-blog | 2011-02-05 22:50 | 「男」の言葉

はじめに

e0228157_23203480.jpg

目覚めよ!「男達」。生きる時間だ!! BUNKER-S BLOG






わたしは
40代半ばにさしかかっても、
いまだ社会に上手く馴染めない

俗にいう「ダメ男」だ。


もちろん、
書くという作業は苦手である。

文章力なんてもんは、まるっきり無いであろう。

ときにはハチャメチャでぶっ飛んだりも...。

そこは御勘弁いただきたい。




でも、なぜ? 

そんな私が!
個人的なブログを始める事に!、




それは、ある日の午後。

ボーっとし公園でタバコをふかしてると...、

子供はいるのに、元気よく遊んでいる姿が見えない。


「ウッ!。。」

残念な光景に遭遇。

イヤ、これは「発見」!なのかも知れない。




5人の小学生が隅っこに固まり、

みんな下を向き、話してる様子もなく、
地味〜で不気味な空気を放っている。


もう、私からしたらショッキング映像だ。

これは日常的で当たり前の事なのか?


「ゲーム」。

「通信ゲーム」というヤツだ。


家でもゲーム。
外でもゲーム。

ましてや、子供たちの神聖なる公園までもが。。。

デジタルというビジネス文明の波に、
飲み込まれているではないか!。



「なんじゃぁーこりゃー!!」 ...。





わたしの育った街の公園といえば、

トルコ風呂(ソープランド街)のド真ん中にある汚い小さな公園だった。

でも、そこはいつも子供達で溢れかえり

ボール遊びなど無邪気に走り回ったり騒いだり、

つねに笑い声が絶えなかった。

当時、スゴく輝きに満ちていた(通称:トルコ園)を思いおこす。






現代とは、

とてつもなく残酷で怖く、さみしい時代になった。


急速なインターネットの普及、発達により

すべての情報も瞬時に入り、

欲しいモノがあれば、自宅で簡単に手に入る便利社会。


しかし

残念ながら、様々なモノ(商品)、企業が安易に比較されている。

消費者はどこよりも安価なモノを求め。。。
生産者や販売店側はライバル会社よりも更に安さを追及。。。

同じ商品(販売価格設定)があっても全国どのショップとも価格が違う。
仕入れた商品がすぐSALE!


その為、あらゆる価値観が崩壊してきている。


世界のグローバル化は更に進んでいくだろう。。。

「ビジネス」、「ビジネス」と!。


まさしく、この世は生き残りをかけた
究極の競争社会となっているのだ。



ひと昔では考えられなかった事件でさえも
今では当たり前の感覚すら、もちはじめてきている。


また、年々増加する新手の詐欺事件も多発し
何もかも信じる事ができなくなっているのではないだろうか?

とてつもなく残酷で怖く、さみしい時代になった。


果たして、

今の子供達世代が大人になったら、、、
どういう世界になってるのだろう。。。


不安だ。




だが、、、そうは言ってられない。


今をしっかり受け止めながらも、

何か? 

そんな反社会的な「ダメ男」にでも出来る事はないものか?
 
少しでも同じ価値観を共有できないものか?と。。。



そこで頭の中に突如でちゃったのです。
逆に私みたいな「アナログ・ダメ男」こそ、
インターネットを活用しなくてはと...

「あっ!、そうだ! 男ブログやろう」 (単純。


そりゃー!すぐさま立ち上がるしかありません。

ある意味、地下に潜んだ活動家をイメージし。

「次から次へ馬鹿なコト」を!

「カッコわるい、カッコよさ」も世に広めなければ。
わたくし勝手に使命感を持ち決意表明!。



今だからこそ

小・中・高生の子達からリアルに憧れる身近な
20代、そして30代が必要なのだ!

若い子に信頼される、
引っ張っていけるような絶対にカッコイイ奴らが!


早く、そんな奴らと
右向け右のフェイク・ワールドから抜け出さなければ。。。






と、まぁ〜! ホント勝手な事ばかり書いてますが、


実際のところ、、は、

純粋に自分が楽しむ時間として...

ファッションや映画、音楽、本など様々なカルチャーの紹介、

そして男や女の話、いろんな失敗談・経験談など等、


正直で下らな〜い話をマイペースにやっていきます。


参考になるかどうかは別として

少しでも、どこかアナタの心に引っかかれば嬉しく思います。



どうか、
これからも軽ーく見てやって下さいね。

(間違いなく女性と子供ウケはよくありません。)


さぁーー! BUNKER-S 劇場開演!!いたします。
[PR]
# by bunkers-blog | 2011-02-04 21:43 | はじめに

時。

e0228157_5181775.jpg

WAKE UP! TIME TO LIVE!!
BUNKER-S BLOG START!!
[PR]
# by bunkers-blog | 2011-02-04 05:24 | 「男」の言葉