WAKE UP! TIME to LIVE!!

bunker.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

戦士

e0228157_22555579.jpg






34歳の若さで

突如この世を去った

天才ドライバー。

彼は自らの命を捧げ

音速の先に何を追い続けていたのか?





天才的なドライビング・テクニックと
“誰よりも早く走りたい”という闘争心で、若干24歳でF1デビュー。

ロータス、マクラーレン、そしてウィリアムズと名門チームを渡り歩き、
瞬く間に世界の頂点へと登り詰め、
3度のF1ワールド・チャンピオンに輝いたアイルトン・セナ。

本作は、わずか34歳で突如この世を去ったセナの、
その華々しい経歴の陰で起きていた、
宿命のライバル、アラン・プロストとの確執や、
FISA(国際自動車スポーツ連盟)会長の政治的圧力に苦悩する日々を、
貴重な映像や証言をもとに明らかにしていく。

壮絶に戦い、ピュアに生き、
そして我々に限りない愛を降り注いでくれた
セナの生涯を余すところなく描いた感動作だ。



e0228157_23134650.jpg





この作品はF1を知らなくても是非とも観るべき男の映画だ!

なぜなら

「スピード」と「勝負」にすべてを捧げ、

自分がやるべき事を「極める」という

徹底した【男の哲学】を感じとれるからだ!




叶うなら78年か79年に戻りたい。
何の制約もない
純粋にレースをしていた頃に。。。

画面を通してからでも、しみじみと伝わってくる本心。


セナ最後のレース。
そのレース前の場面で、
本人自身も何か?イヤな予感がある様な...
そんな表情が印象深く残る。


是非とも
この壮絶なドラマを堪能して欲しい。



「本当の努力とは、もうダメだと思った瞬間から始まる」

- アイルトン・セナ -




アイルトン・セナ 音速の彼方へ
[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-27 23:37 | 「男」の映画

武士道

e0228157_19375859.jpg





「武士は、いかなるときも冷静沈着であれ」




人前で自分の悲しみや苦しみをむやみに表さないという

この教えは、不屈の勇気に支えられる忍耐によるものであり、

また、周囲の人々に不愉快な思いをさせてはならないという、

「礼」に即したものでもある。


それは日本人の精神に根ざしている。




e0228157_19441878.jpg





神道の自然崇拝に根ざし、

集団主義により磨かれた日本人の他人を思うやさしさは、

他国以上のものがあり、

繊細な感情も、世界に誇れるものだ。

そういった優しさが、他人を思いやる行為につながって

自分の感表さえ押さえ込むと考えるのは、

間違いではないだろう。




e0228157_1951073.jpg





わたしも

今回おこった悲惨な出来事で...

あらためて日本人が誇り高き民族だと実感した。
[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-12 20:00 | 「男」の読み物

THINK

e0228157_16272598.jpg





考えて、

考えて、

考え抜く。

これ以上に無い

最大限なところまで。
[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-04 16:12 | 「男」の言葉

CINEMA-MAN

e0228157_5102499.jpg







作業の手を止め

気分展開に ●WIM-(外部リンク) のテーマでもある

「映画」をモチーフに遊んじゃいました。





e0228157_5145788.jpg






あるとしたら...

一体、どんな映画なのだろう?
[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-03 05:20 | 「男」の遊び

A PLACE IN THE SUN

e0228157_2115113.jpg









【太陽のあたる場所】



何処までも続くせせらぎのように

僕は自分の夢に向かって走る

休まずに進み続ける

空に向かって伸びていく枝のように

自由を求めて手を伸ばす

休まずに進み続ける



どこかに必ず陽の当る場所がある

誰もが希望に満ちあふれていて

僕の疲れ果てた心さえも癒してくれる場所

そんな陽の当る場所がきっとあるから

僕の人生が終わってしまうまでに

陽の当る場所にたどり着かなければ





e0228157_2243131.jpg





古ぼけたホコリだらけの道のように

もう生きていくことの重荷に負けそうだ

それでも休まずに進み続ける

この疲れたトラブルだらけの大地のように

生まれてからずっと転げてばかりさ

それでも休まずに進み続ける










友人が詩集を持ってきてくれた

スティービー・ワンダーのだ。


すべての詩に愛が満ち溢れている。
[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-03 02:35 | 「男」の言葉

WIM-

e0228157_574155.jpg

WIM- INDEPENDENT Co.(外部リンク)





相棒と二人で

楽しく!、そして...

とことん真剣に取り組んでいるコトがある。
[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-02 05:10

ROLL YOUR OWN MOVIE!

e0228157_4505754.jpg


「自分自身の映画をまわせ!」
[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-02 04:52 | 「男」の言葉

Engineer-Boots

e0228157_1951178.jpg









約1年前に購入したエンジニアブーツ。


革厚もあり頑丈に作られているタイプで、

初めは重たさを感じ歩きづらさもあったのだが、

以外に早めの段階でストレスなく履けるようになった。


個人的に大好きで、

一生手放す事の無い、

かなり満足出来る1足となっている。


あと、数年も経てば...

経年変化によって、

今以上、更にお気に入りの逸品となっているに違いない。


今後も共に、

イイ歳をとってゆきたい。



コイツは墓までもっていくつもりなのだ!。






e0228157_204824.jpg

[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-01 20:09 | 「男」の持物