WAKE UP! TIME to LIVE!!

bunker.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:「男」の言葉( 13 )

THINK

e0228157_16272598.jpg





考えて、

考えて、

考え抜く。

これ以上に無い

最大限なところまで。
[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-04 16:12 | 「男」の言葉

A PLACE IN THE SUN

e0228157_2115113.jpg









【太陽のあたる場所】



何処までも続くせせらぎのように

僕は自分の夢に向かって走る

休まずに進み続ける

空に向かって伸びていく枝のように

自由を求めて手を伸ばす

休まずに進み続ける



どこかに必ず陽の当る場所がある

誰もが希望に満ちあふれていて

僕の疲れ果てた心さえも癒してくれる場所

そんな陽の当る場所がきっとあるから

僕の人生が終わってしまうまでに

陽の当る場所にたどり着かなければ





e0228157_2243131.jpg





古ぼけたホコリだらけの道のように

もう生きていくことの重荷に負けそうだ

それでも休まずに進み続ける

この疲れたトラブルだらけの大地のように

生まれてからずっと転げてばかりさ

それでも休まずに進み続ける










友人が詩集を持ってきてくれた

スティービー・ワンダーのだ。


すべての詩に愛が満ち溢れている。
[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-03 02:35 | 「男」の言葉

ROLL YOUR OWN MOVIE!

e0228157_4505754.jpg


「自分自身の映画をまわせ!」
[PR]
by bunkers-blog | 2011-04-02 04:52 | 「男」の言葉

途中

e0228157_21234567.jpg









下るのはラク。

......、

もちろん楽はしたい。



だけど時間がないんだ。

だから......、


さぁー、ひたすら上りますかぁー!
[PR]
by bunkers-blog | 2011-03-17 21:30 | 「男」の言葉

人間


人間は誰だって、

この世に生まれようとして生まれてきたわけじゃない。


でも、この世に出てきたからには、

誰だっておもしろい生き方をしたいよね。


危険な条件のほうに自分の運命を賭けるほうが

情熱がわいてくるものだ。


おのれだけが自分じゃない。

向こうから追ってくる運命というのも、自分自身なんだよ。




ー 岡本太郎 ー 
(壁を破る言葉より)
[PR]
by bunkers-blog | 2011-03-03 19:42 | 「男」の言葉

時代。

e0228157_5325514.jpg








我々は、すっかり軟弱になった時代に生きている。

誰もがこういうのに慣れてしまった。

「そうだな、それを心理学的に扱うにはどうしたらいい?」

以前なら、悪党を殴りつけて外に放り出せばよかった。

その男が年上で、暴力をふるわれることがあっても、

少なくとも殴り返すことで敬意をもたれ、

そのあとは、いじめられたりすることもなかった。



ー クリント・イーストウッド ー
(ハリウッド最後の伝説)より
[PR]
by bunkers-blog | 2011-03-01 05:33 | 「男」の言葉

冒険家

e0228157_3111399.jpg








「みんな、それぞれが、

 何か新しいことをやる。

 それはすべて冒険だと、

 僕は思うんです。」




最期まで冒険家であり続けた男、

植村直己
[PR]
by bunkers-blog | 2011-03-01 03:25 | 「男」の言葉

WAKE UP! TIME TO LIVE!

e0228157_2004292.jpg








いつまで眠ってるんだ。

まさか、

このまま眠り続けるつもりじゃないよな。

はやく、

目を覚ませよ!
[PR]
by bunkers-blog | 2011-02-25 20:14 | 「男」の言葉

なかなか気づけない...けど、


e0228157_23584510.jpg







大切な人。

大切な事。

大切な物。




ほら、すぐそこ。。

目の前にあるじゃないか!
[PR]
by bunkers-blog | 2011-02-24 00:07 | 「男」の言葉

そうあり続けたい。

e0228157_3404884.jpg



(ハングリーであれ! 馬鹿であれ!)






最近、めっきりバカする男が減ってきた。

ハングリーなんて言葉は死語となりそうだ。
[PR]
by bunkers-blog | 2011-02-23 03:45 | 「男」の言葉